釣行記事

釣行記事

天塩川釣行 イトウ1本メーター僅かに届かず・・・厳しい状況でした

水位が高く濁りが強い状況でイトウ1本出ました!予定では釣行時に丁度良い水位になると予想をしていましたが、思ったように水位が下がらず本流は濁りが強く釣りには厳しい状況でした。その状況であちこちポイント移動を繰り返しているとき、少しだけ濁りが弱まってきた。(ほんの少しだけ)『チャンスが来たかもね!』あるポイントで、ターンしたルアーにイトウがゆっくりと喰らいついた! 即座に合わせフッキング! 今シーズンの最大サイズです。『慌てない 慌てない』イトウをいなしながらランディングネットに導く。『フー』安堵感が漂う。サイズを計ると97㎝ まずまずです!次回はサイズアップに期待!シムス・バグストッパーを使用しました!6月24日に投稿したシムス・バグストッパー・フーディーとサンゲイターを今回使用しました。前評判では良いとのことですが、実際はどうなんでしょう?天塩川で私が一番蚊が多いと思っている所にさしかかりました。車から降りて、河畔林に入ってからポイントまでが非常に多く蚊がいます。夏の時期にここを通るのはとても勇気が必要です。河畔林に入ると一斉に蚊が来ます。フーディーに蚊が沢山止まっています。耳元では皆さんが聞く耳障りな『プーン』が付きまといます。唯一バグストッパーに保護されていない偏光グラスの部分は蚊よけを塗っていますが、偏光グラスの中に入ってくると、私はパニックになって必死に追い出そうとしていました。昨年まではモスキート・ヘッド・ネットを使用していましたので、パニックになることはなかったから余計に焦ります。そうするうちにポイントに到着。改めて蚊の怖さを体感しました。結果は生地に含まれている成分が蚊を寄せ付けないと思っていましたが、普通に蚊が止まります。しかし、蚊が止まっても刺されることはありませんでした。凄い! ただし、生地に覆われていない偏光グラスの部分にはしっかりと虫よけを塗る必要があります。また、サンゲイターの口の部分に呼吸用の穴があいていますが注意が必要です。息が出るので蚊が寄ってきます。生地に触れている部分には刺しませんが、穴から肌が出ている部分は狙われますので、口を動かして刺されないようにすることが必要です。今回は新品を使用しましたので良い結果が出たと思います。今後洗濯を繰り返しても刺されないか検証します。
釣行記事

『天塩川釣行』イトウを何とか1本釣りました! 野花が咲き始めましたよ!

天塩川で何とか1本イトウを釣ることが出来ました!今回もイトウが釣れることを願って、朝から実績のあるポイントを周り、出会えることを信じてロッドを振り続けます。釣れるときは簡単に釣れますが、釣れないときは全く反応がありません。(当たり前ですが・・・)天塩川では、6月と10月に釣り人が多く訪れます。その内の何人がイトウと出会えているのだろうか?巡り合えた人は、きっとイトウの顔を見ることで幸せになれたことでしょう!私といえば、今回もなかなか姿を見せてくれません・・・釣れなく落ち込んでいる状況の中、心を和ましてくれるのが道北の野花!諦めかけたその時、イトウが釣れました!73㎝ホッとした瞬間ですね!小さくても!次回は大きいの釣りたいですね!心を和ましてくれる野花たち 6月からポイントへ向かう途中、沢山の野花に出会うことが出来ます。釣れてないときに見ると心が和み落ち着かせてくれる存在ですね。思わずシャッターを押してしまいます。
釣行記事

天塩川釣行 イトウ1本 厳しい状況のなか、何とか釣りました!

イトウ釣り本命河川『天塩川』イトウの生息する河川は一般的に蛇行を繰り返す湿原のイメージがあると思います。天塩川のイトウが棲むエリアでは、そのイメージとは違い『瀬や淵』といった渓流をスケールアップしたエリアや、『潮の影響を受ける』ゆったり流れるエリア等、様々な顔を見せる変化に富んだ川です。渓流で釣りを覚えた私は、この川がとても魅力的で、北海道でもイトウ釣りが成立する数少ない河川です。ですのでこの川でイトウの顔が見れれば私は幸せなのです。5月に一度猿払に行きますが、それ以外のイトウ釣りはこの天塩川本流一本勝負です。天塩川のシーズンイン!6月に入り私の天塩川イトウ釣りシーズンが始まりました。今年の天塩川イトウ釣り初釣行です!出発前の水位は高く『釣りしている頃には水位が落ち着くのでは?』 と予想していましたが、予定通りにはいかないもので、水位が高く厳しい状況でした。過去の実績ポイントを周りましたが、イトウの反応がありません。(涙)あるポイントでやっと釣れました!81㎝ちょっと小さいですけど。今回イトウの顔が見れて本当に嬉しいです!簡単には釣れませんが、次は大きいの釣りたいですね!朝焼けが綺麗でした!
釣行記事

猿払川釣行 イトウ3本 サイズ小さいですけど

猿払川とは?猿払村にある猿払川は、宗谷丘陵を水源に上流部から河口まで高低差が少なく、おだやかな流れが蛇行しながらオホーツク海に注ぎます。現在、猿払川は北海道の中で最も数多くイトウが生息し、個体数が安定している数少ない河川です。ここでは『幻のイトウ』ではないのです!シーズンは、長期休暇が取れるゴールデンウィークから、寒さが厳しくなる11月位が一般的です。そのイトウを狙い、釣り人が全国から訪れ賑わっています。私が猿払川に行く理由とは?猿払川は、5・6月に海から遡上してきたトンギョ(地方名)を狙ってイトウが激しくボイルします。トンギョ=イトヨ:イトヨには日本海系と太平洋降海型系、太平洋陸封型の3型があります。そのトンギョを狙ってイトウがボイルしている光景を見ると迫力がありすぎて病みつきになること間違いありません!ボイルしているイトウをサイトフィッシングで狙うのが楽しくて私はこの時期に猿払に来ます。猿払川で捕まえたトンギョ(イトヨ)遡上しているトンギョ(イトヨ)様子 この集団を狙ってイトウが大きい口をあけて襲ってきます。『ガバ』とか『ゴボ』と水面に炸裂音が響きます!興奮しますよ!今回の釣行はどうだった?今回、トンギョの遡上がとても少なく、イトウのボイルが見られない寂しい猿払川でした。ボイル狙いには、ちょっと早かったようです。そんな厳しい状況の中、なんとか3本釣ることが出来ました。(小さいですけど・・・)一本目(54㎝)二本目(78㎝)三本目(51㎝)来年はトンギョの遡上に合わせて、一週遅くします。それにしても夕焼けが綺麗だったな~(もちろん朝焼けも綺麗ですよ!)